日本相撲協会は大相撲秋場所初日の13日、今場所の新弟子検査でただ一人の受検者だった同大出身のバットトクトホ・トゥルトクトホ(23)=モンゴル出身、伊勢ノ海部屋、181センチ、134キロ=の合格を発表した。興行ビザ取得後の本場所で前相撲を取る。

 東京開催場所の新弟子検査で受検者が1人だけだったのは、2013年秋場所以来。