新型コロナウイルスの影響で鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会(国体)について、2023年に実施する方向で月内に決着する見通しであることが12日、関係者への取材で分かった。23年開催が内定している佐賀県は既に1年延期を受諾。24年の滋賀県も受け入れる方向で最終調整しており、正式表明を受けて日本スポーツ協会やスポーツ庁、鹿児島県、日本障がい者スポーツ協会を含む4者会談で史上初となる延期の結論をまとめる。

 滋賀県の三日月大造知事は15日の県議会本会議で最終判断を表明する方針。25年以降の開催県からは理解が示されており、滋賀県が受け入れれば事実上固まる。