世界バドミントン連盟(BWF)は12日、国・地域別対抗戦の男子トマス杯と女子ユーバー杯(10月3日開幕・デンマーク)への出場をインドネシアと韓国が取りやめたと発表した。新型コロナウイルス感染への懸念などから既にオーストラリア、台湾、タイも不参加となっていた。

 日本協会幹部は出場取りやめが相次ぐ状況を鑑み「(日本代表を派遣するか)検討中。来週中には結論を出す」と述べた。(共同)