【ロンドン共同】ドイツやフランスなど欧州主要5カ国は11日、欧州連合(EU)に対し、ユーロなどの裏付け資産を持つデジタル通貨「ステーブルコイン」の厳格な規制を求める声明を公表した。ステーブルコインと、裏付けとなる法定通貨を1対1で対応させることとしている。

 声明の内容が実現すると、複数通貨を裏付けとする米フェイスブックの「リブラ」は認められないことになりそうだ。EU欧州委員会は声明を踏まえ、9月後半にもステーブルコインの規制案を示す見通しだ。

 声明を出した5カ国は他にイタリアとスペイン、オランダ。