日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(11日・岡山県JFE瀬戸内海GC=6640ヤード、パー72)13位から出たペ・ヒギョン(韓国)が67で回り、通算8アンダー、136で首位に立った。2打差の2位に今季2勝で19歳の笹生優花や、ツアー未勝利の渋沢莉絵留ら5人が続いた。

 通算5アンダーの7位は2週連続優勝を狙う小祝さくらら5人で、AIG全英女子オープン6位の上田桃子は2アンダーの23位。1オーバーまでの68人が決勝ラウンドに進み、この大会過去2度優勝の鈴木愛は3オーバーで予選落ちした。