ポーラ・オルビスホールディングスとANAホールディングスは11日、宇宙でも使える化粧品を共同開発すると発表した。湿度などが宇宙環境に近いとされるANAの航空機内で実証実験を進め、2023年の商品化を目指す。

 近い将来、民間宇宙旅行が可能になることを見据え、両社は宇宙でも美しく快適に過ごせる製品づくりを目指してプロジェクト「コスモスキン」を発足。極度に乾燥し、重力が小さい宇宙船内の環境を想定して開発を進める。

 また宇宙という極限状態では、心の健康の維持やごみの低減などが課題となる。ポーラの担当者は「これらの技術は地上における課題の解決にもつながる」と話す。