加藤勝信厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症との同時流行に備え、65歳以上の高齢者へのインフルエンザワクチン優先接種を10月1日から始めると発表した。60~64歳で心臓や呼吸器の機能に障害がある人も対象になる。

 それ以外の人は、10月26日から接種を受けられる。ただ、医療従事者や、高齢ではないが重症化のリスクが高い持病のある人、妊婦、生後6カ月~小学校2年の子どもができるだけ早く接種できるようにしてほしいとしている。

 厚労省によると、今冬のワクチンの供給量は約6300万人分になる見込み。