赤羽一嘉国土交通相は11日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象に、10月1日から東京都を追加する方針を表明した。東京を目的地とする旅行と、都民による旅行を割引対象に加え、落ち込んだ観光需要の回復を目指す。午後に開く政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で専門家から意見を聞いた上で、決定する。

 赤羽氏は、11日の閣議後に菅義偉官房長官、西村康稔経済再生担当相と協議したと説明。東京追加の理由として、都が新型コロナ感染に関する警戒度を1段階引き下げ、23区で酒類を提供する飲食店などへの時短営業の要請解除も決めたことなどを挙げた。