安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選を巡り、石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長は11日、支持拡大へ発信の動きを強めた。菅義偉官房長官は閣議や閣議終了後の記者会見など公務を優先させる。

 石破氏は議員会館の自室でメディアのインタビューを受けた。自民党議員の事務所を訪ね、あいさつ回り。日本外国特派員協会で記者会見に臨む。

 岸田氏は、遠藤利明選対本部長ら国会議員約30人と共に東京・新橋駅前に立ち、街頭演説。「所得格差や、大企業、中小企業の格差問題に向き合う。」と支持を訴えた。

 菅氏は仕事の合間を縫い、10日に続いて地方の自民党員とのオンライン会合で支援を求める。