停滞する前線と低気圧の影響によって西日本から東日本の広い範囲で12日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雷を伴った大雨になる恐れがあるとして、気象庁は11日、土砂災害や河川の増水、低地への浸水などに警戒や注意を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風が吹いたり、ひょうが降ったりする可能性もあるとした。

 気象庁によると、九州から東北にかけて延びる前線が停滞すると同時に、南の海上からは熱帯低気圧がゆっくりと北寄りに移動。前線に向かって暖かく湿った空気が流入する一方、上空約6千mには氷点下6度以下の寒気が流れ込み、気温差から非常に不安定な大気の状態となる。