北海道寿都町が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で第1段階となる文献調査に応募を検討していることを巡り、道は10日、資源エネルギー庁が「知事が(次の段階の)概要調査地区の選定に反対であれば、処分地選定プロセスから外れる」と道の問い合わせに回答したことを明らかにした。

 また同庁の担当者は「概要調査地区の選定に当たっては、経済産業省として、知事または市町村長の意見に反して選定を行うことはない」とも述べたという。

 鈴木直道知事は8日の記者会見で国に問い合わせていることを明らかにした。