国土交通省は10日、6月の鉄道輸送統計月報を発表した。全国の鉄道やモノレールなどの乗客は計15億568万1千人で、前年同月比30・3%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言を発令した4月に過去最低を記録。翌5月からは持ち直しつつあるが、依然として厳しい状況にある。

 国交省によると、乗客数と移動距離を掛け合わせ、輸送の規模を表す「旅客人キロ」は214億7098万4千人キロで、前年同月比39%減。過去最低の165億9015万5千人キロだった5月に比べ、大きく伸びた。6月19日に都道府県をまたぐ移動が解禁された影響とみられる。