囲碁の第45期棋聖戦Cリーグは10日、大阪市の日本棋院関西総本部で最終ラウンドが打たれ、アマチュアの栗田佳樹さん(21)が後藤俊午九段(53)を破り、リーグ成績3勝2敗と勝ち越し、リーグ残留を決めた。アマが残留するのは初めて。

 棋聖戦は上から順にS、A、B、Cの4段階のリーグ制をとっている。各リーグの枠はSが6、Aが8、Bが16、Cが32で、Cリーグの下にはトーナメントの予選がある。栗田さんは今期の予選でプロに5連勝し、アマで初めてCリーグに進出した。

 栗田さんは横浜市出身で、アマ強豪として知られている。