最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は、埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む住民6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)の上告を棄却する決定をした。9日付。一審の死刑判決を破棄し、心神耗弱を認めて無期懲役とした二審東京高裁判決が確定する。

 一審の死刑を破棄した二審判決が最高裁で確定するのは、裁判員制度が始まって以降6件目。これまでの5件はいずれも計画性や量刑が争点だったが、被告の刑事責任能力を理由に死刑を破棄したケースは初めて。