自転車に乗った配達員の交通トラブルが相次いでいるとして、愛知県警が食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の運営企業の日本法人に対し、交通ルールの順守を要請したことが10日分かった。

 県警の担当者が4日、ウーバー側に電話で要請した。県警には「食事配達中の自転車が信号無視している」といった苦情が多く寄せられていたといい、同社で活用してもらうため「歩道走行時は徐行」「車道中央を走行しないで」などと記した啓発チラシも提供した。

 ウーバー側は取材に対し「安全啓発への取り組みを強化していく」とのコメントを出した。