大阪市は10日、運営する天王寺動物園(天王寺区)が来年4月1日に地方独立行政法人となるのに合わせ、園長を公募すると発表した。任期は2023年3月末までの2年間。動物に快適な環境を目指す「動物福祉」の推進や、持続可能な動物園経営の確立につなげたいとしている。

 市によると、園長の公募は初めて。動物園や水族館、博物館といった施設で組織運営の経験があることなどが応募条件。今秋に書類の受け付けを開始し、面接などを経て年内にも決定したい考えだ。

 松井一郎市長は記者会見で「園をよりにぎわいの拠点としてもらいたい」と期待を寄せた。