NHKの前田晃伸会長は10日の定例会見で、今年の大みそかに放送するNHK紅白歌合戦を、無観客で行うと発表した。前田会長は「新型コロナウイルスの感染拡大の防止を最優先するための措置」と説明。無観客での開催は1951年に紅白の放送が始まって以来、初めてという。

 前田会長は「出演者やスタッフの感染を防止するため、『密』をできるだけ避けるなどの対策を徹底する。併せて演出もいろいろと工夫して、新しいスタイルの紅白をお楽しみいただきたい」と話した。

 会場は例年通り東京都渋谷区のNHKホールで、出演する歌手やグループの数は検討中という。放送時間は15分の短縮となる。