ジョージ・ビゾス氏(南アフリカの弁護士)家族の声明によると、9日、自宅で老衰のため死去、92歳。64年、反アパルトヘイト(人種隔離)闘争を率いた故マンデラ元大統領らが反逆罪に問われた裁判で、弁護団の一員としてマンデラ氏の死刑判決を回避した。

 ギリシャで生まれ、第2次大戦中に南アに移住。マンデラ氏が大学で法律を学んでいた41年ごろ知り合った。マンデラ氏は64年の裁判で終身刑となったが、90年の釈放後も親交が続いた。人種隔離撤廃後は、白人政権下の人権犯罪を調査する「真実委員会」に携わった。(共同)