無料通信アプリのLINE(ライン)は10日、病院の予約から診察、決済までを一括で担うオンライン診療サービス「LINEドクター」を11月から開始すると発表した。新型コロナウイルス対策の特例措置として初診からオンライン診療が可能となっており、IT大手の参入で利便性が一層高まりそうだ。

 手持ちのスマートフォンからLINEのビデオ通話を使い、自宅にいながら医師の診察を受けられる。LINEの利用者であれば新たなアプリの登録も不要で、診察費以外のオンライン診療に伴う追加手数料はかからない。