トヨタ自動車が交通安全の推進などのために設立した「トヨタ・モビリティ基金」は、高齢者の運転の注意点や確認事項をまとめたインターネットサイト「高齢ドライバードットコム」を公開している。高齢者による事故の防止に向け、安全意識の向上を図るのが狙い。家族の支援の重要性も指摘している。高齢者が運転を継続するかどうか考えるきっかけにもなりそうだ。

 高齢者本人には、加齢による認知や判断、操作能力の低下に警戒を呼び掛ける。ハンドル操作のミスやブレーキとアクセルの踏み間違いが典型例だ。日常でひやりとした場面をドライブレコーダーで振り返る方法を提案している。