米大リーグ、ブレーブスが9日、アトランタでのマーリンズ戦で近代野球とされる1900年以降のナ・リーグ新記録となる29点を挙げた。二回に11点を奪うと、七回まで毎回得点し、29―9で大勝した。近代のメジャー記録はレンジャーズが2007年に挙げた30得点。(共同)