落語家の故・初代林家三平さんの妻海老名香葉子さん(86)が、東海地方で唯一の常設寄席「大須演芸場」(名古屋市中区)の最高顧問を辞任したことが10日、運営法人への取材で分かった。

 運営法人広報の橋本浩宗理事によると、2015年9月のリニューアルオープンから5周年となるのを機に、運営の助言が必要なくなったと海老名さんが判断、高齢も理由に辞任の申し出があったという。

 同演芸場は1965年に開場。経営難で14年2月に閉鎖されたが、運営法人を新設し、海老名さんを最高顧問に迎えて再開した。