不動産仲介会社の三鬼商事が10日発表した東京都心の8月末のオフィス平均賃料(3・3平方メートル当たり)は、新型コロナウイルスの影響で前月に比べ0・83%安い2万2822円と、6年8カ月ぶりに下落した。空室率は0・30ポイント上昇の3・07%と6カ月連続で悪化し、2年半ぶりに3%台に乗せ、オフィス市場の変調ぶりが鮮明になった。

 平均賃料は企業の旺盛な需要を背景に、2014年1月から上昇を続け、7月には比較可能な02年以降で最高値となる2万3014円をつけていた。8月は業績悪化や在宅勤務の拡大に伴い、オフィスを縮小する中小企業の解約が相次いだ。