【ソウル共同】韓国文化体育観光省は10日までに、男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の新曲「Dynamite(ダイナマイト)」が米ビルボードのシングルチャート「ビルボードホット100」で1位を記録したことで、約1兆7千億ウォン(約1500億円)の経済効果が見込まれるとの試算を発表した。

 新型コロナ感染拡大で経済の沈滞ムードが漂う中、韓国政府はBTSの新曲の盛り上がりを積極的に宣伝、国内経済活性化の起爆剤としたい考えとみられる。

 韓国人のみのグループの同チャート1位は初の快挙で、アジアの歌手として1963年の坂本九「上を向いて歩こう」以来、半世紀ぶり。