東京都は10日、新型コロナウイルスの感染状況について、警戒度の指標を4段階のうち最高レベルの「感染が拡大している」から1段階引き下げ、「感染の再拡大に警戒が必要」とする方向で最終的な検討を進めた。小池百合子知事が同日午後に記者会見して説明する予定。

 23区内で酒類を提供する飲食店やカラオケ店への午後10時閉店の時短営業要請は延長期限の今月15日で予定通り解除する方向で調整している。

 小池氏は10日午前、都庁で報道陣の取材に、専門家を交えた同日午後のモニタリング会議などを経て結論を出す意向を示した。