【ワシントン共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領宛ての書簡で、トランプ氏を「閣下」と呼び、「われわれの深く特別な友情は魔法の力として働く」などと称賛していたことが9日、分かった。米著名記者ボブ・ウッドワード氏の新著に盛り込まれた書簡の内容を米紙ワシントン・ポストが報じた。書簡の日付などは不明。

 出版社によると、ウッドワード氏は執筆に当たり両首脳の書簡25通を入手した。報道によると、金氏はトランプ氏との会談を「かけがえのない思い出」とし「また閣下とファンタジー映画を想起させる歴史的会談を行いたい」と呼び掛けた。