熊本大の研究員楢原知里さん(35)が殺害された事件で、遺体には抵抗した際にできる傷などがなかったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。熊本県警熊本南署捜査本部は楢原さんが抵抗する間もなく短時間で殺害された疑いもあるとみて、遺体発見現場付近で不審者の目撃情報がないか調べている。

 司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息と判明。捜査関係者によると、遺体の首には抵抗する際にできるひっかき傷のようなものはなく、爪の間から第三者の皮膚片なども検出されなかった。

 捜査本部によると、遺体は7日、熊本市中央区の市道脇の側溝で、あおむけの状態で見つかった。