日本列島は10日、前線や上空の寒気の影響で、西日本から北日本にかけての広範囲で大気が不安定な状態が続く見通しだ。気象庁は、局地的に雷を伴った大雨や竜巻などの突風が発生する可能性があるとして、土砂災害や浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、列島付近では、西日本から東北と、日本海からオホーツク海にそれぞれ延びた前線へ暖かく湿った空気が流れ込む。上空約6千メートルには氷点下6度以下の寒気が入り、大気が不安定になっている。

 11日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で東海120ミリ、北海道、東北、関東甲信80ミリ。