2019年に旗揚げし、参院選で2議席を獲得したれいわ新選組の選挙活動に密着したドキュメンタリー映画「れいわ一揆」が11日から全国で上映される。旧日本軍兵士奥崎謙三氏(故人)を描いた「ゆきゆきて、神軍」で知られる原一男監督の新作で、4月予定だった封切りが新型コロナウイルスの影響でずれ込んでいた。

 原監督は「『何かが変わるはず』と信じた1年前の熱狂の記録をあえて今、世に問うことに意味がある」と話している。

 映画は「子どもを守ろう」を合言葉に、馬を連れて全国を行脚した堺市出身の安冨歩東大教授を中心に、10候補の戦いぶりを収めた4時間に及ぶ群像ドラマ。