【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに上昇し、前日比439・58ドル高の2万7940・47ドルで取引を終えた。

 ダウ平均は前日まで3営業日続落して約1600ドル下げたことから、マイクロソフトやアップルといったIT関連株を中心に買い戻しが優勢となった。上げ幅は一時、700ドルを超えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は293・87ポイント高の1万1141・56と反発した。

 銘柄別では、前日に2割超下げた電気自動車大手テスラが1割超上昇。一方で、宝飾品大手ティファニーの下落が目立った。