自民党の石破茂元幹事長は1日のNHK番組収録で、党総裁選が党員・党友投票を実施しない方式に決まったことに関し「影響はある。地方で支持してもらってきた私には当然不利だ」と述べた。総裁選情勢に関し、菅義偉官房長官の出馬を念頭に「派閥の合従連衡で、他の方が優位だと承知している」とも述べた。

 石破氏は青年局が中心となり集めた党員・党友投票実施を求める署名に賛同した。2018年の総裁選は党員・党友による地方票で善戦した経緯がある。