政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ(WG)の初会合が1日開かれ、西村康稔経済再生担当相は冒頭で「個人のプライバシー尊重と感染拡大防止の両立をどう成し遂げるか議論いただきたい」と述べた。WGは実態把握のため医療・介護関係者らにヒアリングを行い、11月をめどに中間取りまとめを公表する方針。

 西村氏は「情報公開の仕方によってはプライバシー侵害に当たる恐れもある。差別や偏見は、積極的疫学調査に抑制的な効果を生じさせかねない」との見方も示した。感染者情報に関し、公表基準などが示されるかが焦点になりそうだ。