福岡市中央区の商業施設で、女性客(21)が刺殺された事件で、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された住所不定の少年(15)が、凶器とみられる包丁に関し「商業施設内で盗んだ」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 また、入所していた福岡県内の更生保護施設を抜け出した後、バスで福岡市に移動したと説明していることも判明。中央署捜査本部は商業施設を訪れた目的や、福岡市に着いた後の足取りなどを調べている。

 捜査関係者によると、少年は8月26日に少年院から更生保護施設に移ったが、翌27日に無断でいなくなった。