阪神の藤川球児投手が引退会見した1日、プロ野球界では「火の玉」と称されたストレートで鮮烈な記憶を残した40歳の剛腕投手をねぎらう声が広がった。

 昨季まで阪神に在籍したロッテの鳥谷敬内野手は1学年上の藤川とともにチームを支えた。「本当にお疲れさまでした。マウンドでの投げている姿で、タイガースにいい影響を与え続けてこられた方」と述懐。残るシーズンで「投げている姿を見たいと思っているし、多くの人に見てもらいたい」などとロッテ球団を通じてコメントした。

 日本ハムの栗山英樹監督は球界への貢献は多大と指摘し「本当に素晴らしい投手」と評価した。