大相撲の元横綱朝青龍のおいで、21歳のホープ豊昇龍が1日、報道陣の電話取材に応じ、新入幕で臨む秋場所(13日初日・両国国技館)に向けて心境を語った。この日は、茨城県つくばみらい市の立浪部屋で再入幕の明生らと15番ほど取ったという。腰痛が持病だけに「番付発表後、初の稽古なので軽めにやった」と慎重に調整している。

 激しい取り口が持ち味で「まわしを取っても突き放しても、相手に動き負けない相撲を取りたい」と理想を口にする。

 早くも横綱、大関戦を期待する周囲に対し「そのうち、闘うんじゃないですかね」と不敵に笑い、大物感を漂わせていた。