「地方の声を聞いて」「時間がなく理解できる」。安倍晋三首相の後任を決める自民党総裁選で党員・党友投票の見送りが決まった1日、地方の自民党員からは賛否の声が交錯した。

 「制度があるのだから、自分たちも総裁を選びたい」。山形県上山市の農業平吹正見さん(67)は、わずか6軒のみの限界集落に暮らす。「地方の少子高齢化が深刻だからこそ、声を聞いてほしい。派閥だけで決めるのはおかしい」と疑問を呈した。

 これまで党員投票が実施された総裁選で必ず1票を投じてきた高松市の二川弘康さん(46)は「急を要する事情もあり仕方がない。1年後は必ず投票を実施してほしい」と話した。