気象庁は1日、日本の南の海域で8月の平均海面水温が1982年の統計開始以来、最も高かったと発表した。太平洋高気圧が張り出し、日射量が増えたのが原因。海面水温は9月下旬まで高い見通し。海面から大量の水蒸気が生じ、この海域を通過する台風は勢力が強まる恐れがある。

 気象庁によると、水温が最も高くなったのは房総半島南東に広がる「関東南東方」、「四国・東海沖」、「沖縄の東」の3海域。それぞれ29・3度(平年差プラス1・6度)、29・8度(同1・7度)、30・7度(同2・1度)だった。風の弱さも海面の水温が下がりにくかった要因という。