昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、妻の参院議員案里被告(46)の第3回公判は1日午後も東京地裁で続き、克行前法相の藤田一公設第1秘書が初の証人として出廷した。案里議員の選挙事務所スタッフだった立場から「克行前法相は、あらゆる活動での最終責任者だった」と証言した。

 藤田秘書は検察側の質問に「選挙活動を取り仕切っていたのは克行前法相だ」と答え、スタッフの採用や給料の金額も決めていたと説明。克行前法相に反対すれば「強く叱責されるのでできない」と述べた。