日本トライアスロン連合は1日、新型コロナウイルスの影響で当初の7月から今月5日に延期されたドイツ・ハンブルクでの世界シリーズに、女子の上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)、男子のニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)が出場すると発表した。大会中止や延期が相次いだ中、トライアスロンでは初の大規模な国際大会開催となる。

 男女各2人で争う6日の混合リレーに日本は出場しない。今大会は東京五輪の代表選考には関係しない。