1日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=105円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比04銭円高ドル安の1ドル=105円78~83銭。ユーロは53銭円安ユーロ高の1ユーロ=126円37~41銭。

 自民党総裁選への立候補を予定する菅義偉官房長官に支持が広がり、安倍晋三政権の経済政策が維持されるとの観測から、投資家のリスク回避姿勢が後退。相対的に安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 その後は、日経平均株価の軟調な動きを手掛かりに、円を買ってドルを売る動きが出てもみ合った。