【ニューヨーク共同】米株式市場の専門家の大半が、11月の米大統領選で民主党候補バイデン前副大統領の当選を予想していることが、米CNBCテレビが8月31日までにまとめた調査で分かった。ただバイデン氏が掲げる法人税増税への警戒は強く、当選後の株価動向は見方が分かれた。

 匿名のストラテジスト20人のうち、バイデン氏当選を予想したのは14人に上った。バイデン氏が当選した場合、選挙後1カ月の株価は、半数が下落を予想。5人が上昇、もみ合いが4人、無回答が1人だった。

 注目すべきは大統領選挙と同日に実施される米議会選挙だ。