国際スケート連盟は31日、スピードスケートの年内のワールドカップ(W杯)4大会を新型コロナウイルスの影響で中止すると発表した。11月にポーランドとノルウェー、12月に米国とカナダで行われる予定だった。今後、代替大会の開催の可否を慎重に検討する。

 ショートトラックのW杯は11月のカナダでの2大会が中止となり、12月の韓国と中国での大会を実施するかどうかは継続して協議する。(共同)