【台北共同】台湾を訪問中の東欧チェコのビストルチル上院議長は31日、台北市の台湾政治大で講演し、台湾に圧力を加え続けている中国を念頭に「自由、真実、正義こそが最高の剣であり、よろいだ」と述べ、台湾を支持し協力関係を強化していく考えを表明した。

 中国の秦剛外務次官は、ビストルチル氏の訪台を受けてチェコの駐中国大使を呼び出し「台湾独立、分裂勢力を公然と支持し、中国の主権を侵害した」として抗議、対抗措置を取る考えを示した。中国外務省が31日に発表した。