1926(大正15)年に開業した東京都練馬区の遊園地「としまえん」が31日、閉園の日を迎え、シンボルだった回転木馬の最終運転など「ファイナルセレモニー」で94年の歴史に幕を下ろした。

 最終日も2世代、3世代にわたって利用した人々が訪れた。正門には「94年間愛してくれてありがとう」と書かれたプレートが掲げられ、暗くなってからも多くの来園者が記念撮影し、思い出の詰まった遊園地との別れを惜しんだ。

 31日夜のセレモニーでは多くの来園者が見守る中、運営会社の依田龍也代表取締役が「としまえんがここにあったと記憶にとどめていただけたら幸いです」とあいさつした。