立憲民主、国民民主両党などは31日、合流新党の結党大会の日程を9月16日から前倒しし、15日とする方向で検討を始めた。安倍晋三首相の後任の首相を選出する臨時国会が16日に召集される方向となったため、再調整を余儀なくされた。関係者が明らかにした。

 立民の枝野幸男代表は31日の記者会見で「16日より早い日にできるのであれば、それは望ましい」と述べた。

 福山哲郎幹事長はこれに先立つ与野党幹事長・書記局長会談で、結党大会を16日に開催する予定だと表明。日程を決める上で「ご配慮いただきたい」と与党に要請していた。