帝国データバンク福岡支店は31日、全国の焼酎・泡盛メーカーの2019年売上高は、「黒霧島」で知られる霧島酒造(宮崎県都城市)が前年比6・0%減の619億円で8年連続の首位になったと発表した。03年の調査開始以降で上位10社が全て減収となったのは初めて。10位以内の順位は全て前年と同じだった。

 ハイボールブームで好調なウイスキーなどに消費者が流れて焼酎市場は苦戦しており、帝国データバンクは「消費者の好みの多様化に合わせた商品開発や、海外市場の取り込みといった生き残りをかけた戦略が必要だ」と指摘している。