日本郵便は31日、2021年用のお年玉付き年賀はがきの当初発行枚数が、前年比約17%減の約19億4千万枚で過去最低となる見込みだと発表した。10年連続の減少で、記録が残る04年用以降で最少となる。10月29日に発売する。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、主に企業が発送する広告用の減少が響くと予測している。配達の受け付けは12月15日から。くじの抽選は来年1月17日を予定している。全てのお年玉くじが対象の1等賞品は30万円の現金か31万円分の電子マネーが当たる。