安倍晋三首相は31日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、北方領土問題を含む日ロ平和条約交渉を継続する方針を確認した。首相は自身の辞任意向を説明し、プーチン氏は「日ロ関係の発展や両国間の障害除去に向けた偉大な貢献を高く評価する」とねぎらった。首相は首脳外交を通じ、4島一括返還の基本原則から「2島先行返還」にかじを切って領土交渉の打開を狙ったものの、進展がないまま退陣することになる。

 プーチン氏は、首相について「建設的に対話を重ねた信頼できるパートナーだ」ともたたえた。首相は領土問題解決の重要性を強調し「今後も精力的に交渉が行われることを期待する」とした。