静岡県警高速隊は31日、高速隊の駐車場で保管していた県外の男性の乗用車が盗難に遭ったと明らかにした。乗用車には高速隊が盗難防止のタイヤロックを装着していたという。静岡南署が窃盗事件として調べている。

 高速隊によると、30日午後4時半ごろに男性が駐車場に車を止め、午後8時ごろ、隊員がタイヤロックを一つ付けた。午前2時40分ごろ、パトロールに向かう隊員が盗難に気付いたという。乗用車のドアは施錠されており、鍵は男性が持っていた。

 松田良明副隊長は「事実関係を調査して、保管管理を徹底する」と話した。