福岡市中央区の商業施設「マークイズ福岡ももち」で、女性客(21)が刺殺された事件で、施設内に設置された防犯カメラに、女性の後を追って女子トイレに向かう少年(15)=銃刀法違反容疑で現行犯逮捕=の姿が写っていたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 身柄確保時に少年が所持していた包丁に付着した血液から、女性のDNA型が検出されたことも判明。中央署捜査本部は、現場に残された血痕の状況から女性はトイレ内で殺害されたとみており、少年の関与を調べている。

 捜査本部によると、殺害されたのは、同市南区のアルバイト吉松弥里さん。